HOME

メインナビゲーション
モデル
911
Panamera
Cayenne

プレスリリースを読む

最新のプレスリリース


ポルシェがニュー911 RSRを駆る2組のWECドライバーを発表FIA世界耐久選手権(WEC):GTE-Pro

ドイツ. ポルシェAG(本社:ドイツ、シュトゥットガルト 社長:オリバー・ブルーメ)のポルシェGTワークスチームは、2017年から世界選手権へと昇格したFIA世界耐久選手権のGTE-Proクラスに、2016年の1年を費やして開発された2台のポルシェ911 RSR(最高出力:510PS)で出場します。ポルシェは、2015 FIA WECの覇者として世界で最も重要なGTレースへワークスとして復帰を果たします。

フロントウインドウとリアウイングの黒い帯に赤いPORSCHEロゴ、そして赤いサイドミラーによって識別される91号車の911 RSRを駆るのは、2015 WECチャンピオンのリヒャルト・リーツ(オーストリア)とフレデリック・マコヴィッキ(フランス)のペアです。フロントウインドウとリアウイングに白の帯、そして白いサイドミラーを備えた92号車は、ミカエル・クリステンセン(デンマーク)とケヴィン・エストル(フランス)がステアリングを握ります。

2017年シーズンのために全く新たに設計され、リアアクスル前方に4リッター水平対向6気筒エンジンを搭載した2台の911 RSRは、4月1日と2日にモンツァで開催されるWEC公式テスト、「プロローグ」に参加します。開幕戦は4月16日のシルバーストーン(イギリス)です。

「FIA WECのGTカテゴリーとして初となる世界選手権タイトルを戦うために、2組の強力なドライバーのペアを編成しました。この4名のパイロットは全員、世界のベストGTドライバーが競うポルシェ ワンメイクレースの出身者です」とポルシェ・モータースポーツ部門責任者のフランク=シュテッフェン・バリサー博士は述べています。

2017年FIA世界耐久選手権レース
4月16日 :シルバーストーン6時間レース(イギリス)
5月 6日 :スパ・フランコルシャン6時間レース(ベルギー)
6月17-18日:ル・マン24時間レース(フランス)
7月16日 :ニュルブルクリンク6時間レース(ドイツ)
9月 3日 :メキシコ6時間レース(メキシコ)
9月16日 :オースティン6時間レース(米国)
10月15日:富士6時間レース(日本)
11月 5日 :上海6時間レース(中国)
11月18日:バーレーン6時間レース(バーレーン)

<本件に関する読者からのお問い合わせ先>
ポルシェ カスタマーケアセンター 0120-846-911
ポルシェ ホームページ (http://www.porsche.co.jp)

2017/3/14